通所型と訪問型福祉の求人

福祉の仕事に興味はあるものの、「子供がいるから夜勤の仕事は出来ない」という方もいると思います。既婚者にとっては、やはり夜勤勤務というのは「難しい」と感じる方が多いでしょう。そんな方は、「通所型や訪問型施設であれば、家事や育児との両立も出来るのではないだろうか?」と感じている方も多いでしょう。

通所型、訪問型と言われても、「どういったところに勤めることになるのだろう?」と思われる方も多いと思います。例えば、介護保険などによる通所型の施設に勤める際には、訪問介護や訪問入浴介護、訪問リハビリテーション、特定施設入居者生活介護、通所リハビリテーション、短期入所生活介護といった施設で仕事をすることになります。障害者自立支援法による施設の場合には、児童デイサービスや居住介護、共同生活介護、自立支援、短期入所、重度障害者等包括支援、就労移行支援、重度訪問介護などの施設で仕事をすることになります。児童関係の施設としては、児童館や保育所、学童保育などで仕事をすることになります。
通所型や訪問型のサービスの場合には、一定基準を満たしていることで、民間企業やNPO法人としても経営することが可能となりますから、様々なタイプの施設があります。通所型や訪問型の場合にはそれぞれの法人に採用されることになりますから、採用先によって待遇面なども変わってくることになります。それぞれの採用先によって、収入設定も方針なども変わることになりますので、事前にチェックしていくことが大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です