福祉求人と様々な資格

福祉業界では、様々な職種の方が活躍していますよね。どういった対象者に向けたサービスを行っているのかによっても、仕事内容は大きく変わってくるでしょう。そのため、福祉業界へ進む際には、どういった職種に就くかによって求められる資格なども変わってくることになります。

福祉業界には様々な職種があるため、それぞれに必要となる資格が異なってきます。もちろん、資格がなくても仕事が出来る職種もありますが、就職や転職時には資格取得していることが大きな自信となりますし、採用の強みとなるでしょう。介護の仕事にはどういった資格があるかというと、介護福祉士や介護職員基礎研修、訪問介護員といった資格があります。保育の仕事を行うためには、保育士の資格が必要となります。ケースによっては、児童指導員もこの資格が必要となることがあります。相談援助の仕事をする際には、介護支援専門員や精神保健福祉士、児童指導員といった資格があります。看護やリハビリの仕事は、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、義肢装具士等の資格があります。栄養や調理の仕事であれば、栄養士や調理員の資格、運営や管理の仕事であれば社会福祉施設長資格や介護事務といった資格があります。行政の相談員として活躍したいと考えている方であれば、社会福祉主事や試作指導員、児童福祉士などの資格があります。

福祉求人では、このように職種によって必要となる資格も変わってきます。かなり多くの職種があり、それぞれに必要な資格があることになりますから、自分が目指す方向にあった資格を目指していくことが大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です